紀伊國屋梅田本店さんにて「イントゥルーダー」展開
紀伊國屋梅田本店さんです。2022年1月4日新装版『イントゥルーダー 真夜中の侵入者』(文春文庫)発売。ありがとうございます。 https://twitter.com/KinoUmeda/status/1478193105572872192
>> 続きを読む



最新刊

『高嶋哲夫初期短編集 1』(風企画)

『M8』『TSUNAMI』『東京大洪水』『富士山噴火』などの自然災害シリーズ、また世界中で起こるウイルスパンデミックを10年以上前に「予言」していたと話題になった『首都感染』などを描いてきた高嶋哲夫の初期短編集。

新聞・小説誌などに掲載された作品を含む5作を収録。

 

収録作:『春の月』『別離』『夜のブランコ』『米寿の祝い』『春の予感』

※電子書籍(Amazon Kindle)のみの独占販売です!


『イントゥルーダー 真夜中の侵入者』(文春文庫)

25年前に別れた恋人から突然の連絡が。「あなたの息子が重体です」。日本を代表するコンピュータ開発者の「私」に息子がいたなんて。このまま一度も会うことなく死んでしまうのか…。奇しくも天才プログラマーとして活躍する息子のデータを巡って、「私」は、原発建設がからまったハイテク犯罪の壮絶な渦中に巻き込まれていく。『首都感染』(講談社文庫)でパンデミックに陥った東京を描き再び注目を集める著者による第16回サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞作品。


『決戦は日曜日』(幻冬舎文庫)

地方都市に強い地盤を持ち、衆議院議員に何度も当選してきた川島昌平の事務所で私設秘書として働いている谷村勉。中堅秘書として議員のサポート役に徹し、政治への意欲はすっかり薄れてきていた。

ある日突然川島が病で倒れ、時を同じくして衆議院が解散する。

地盤を継いで選挙に出る人物として、川島の娘の有美が選ばれる。世間知らずであり、政界には疎いが熱意だけはあるご令嬢の有美を当選させるべく、谷村は東奔西走するのだが……。

表紙はダブルカバーです!映画版カバーは数に限りがありますのでお早めに!


『EV イブ』(角川春樹事務所)

 ガソリンエンジン車の新車販売禁止が近づく。 電気自動車への全面移行に遅れた日本。 日本の自動車業界は崩壊するのか? 

それとも、起死回生の一手はあるのか?――。 

 『首都感染』で新型コロナ感染拡大を予言した著者が描く、〝日本経済、予言の書〟解禁!





Ted Takashima Webpage
高嶋哲夫「官邸襲撃」
高嶋哲夫「自然災害」特設サイト
Ted Takashima "RANSHIN: Samurai Crusader" webpage

Ted Takashima "THE WALL" webpage
高嶋哲夫「地球環境問題」特設サイト
Ted Takashima "The Gene of Life" webpage
高嶋哲夫「日本核武装」特設サイト

高嶋哲夫「僕と地球の恐竜たち」特設サイト
高嶋哲夫「メルトダウン」特設サイト
高嶋哲夫「首都岡山」特設サイト


日記

「神戸測候所」晴れ。寒いけど、気持ちのいいハレ。お陽さまが眩しい。94。昨日の歩数。ヤバイ。

昨日は、大学の授業の準備。オンライン。講演、会議は何度もやってるけど、授業は初めて。講演の延長と考えればいいんだろうけど。かなり違うような気もする。90分×15。しゃべり続けるわけにはいかない。やはり、もっと用意がいるね。考えてると、イヤになって資料の整理。こっちも、イヤになった。

「5~11歳ワクチン了承」「まん延防止さらに8道府県」「国内感染200万人超」新聞の一面。コロナ一色。「感染者連絡追い付かず 保健所疫学調査を縮小」と言うのもある。オミクロン株の9割が無症状、軽症と言う。コレに加えて、「濃厚接触者」の問題まで出てくる。

コロナを「感染症2類から5類に変える」そうすれば、問題ないのにね。症状に応じて、直接病院を受診できる。これだけのことが出来ない、「政府と専門家の責任」は凄く大きいと思うけどね。なんで、国民もマスコミも騒がないんだろ。ワカラン。

今日は早目のオフロ。昨日は、一歩も出てないし。

日記

「神戸測候所」晴れ。雲、多かったんだけど。昨日は、午前中は、東京とオンライン会議。教育関係のボランティア。午後も、打ち合わせ。大学の集中講義が、対面からオンラインに変

わった。朝の九時から、午後四時二十分まで。四日間。そのための準備の打ち合わせ。パワポや動画を使うので、大変。「小説の役割」「表現の種類」「小説家の仕事」「本の未来」「僕の書いてきたもの」「岡山の魅力」などなど。いい機会なので、各々まとめたい。でも、時間がかかりそう。

夕方、長女から電話。こう言うの珍しい。2時間35分。人は様々な立場で、様々な悩みを持っている。もちろんボクも。ハアー。

大阪「無症状者の陽性率上昇」4.9%。もちろんコロナ。前週は2.0%。100人のうち約5人が無症状と言うわけ。これは、ますます増える。感染者もね。こうした中で「飲食店で制限」をかけて、どんな効果があるのだろうね。政府と専門家のアホさ加減を現してる。感染症2類を5類にして、直接病院に行って対処治療をすれば、病床逼迫も起らない。インフルエンザでも重傷者は出る。不幸にも亡くなる人も。社会を元に戻すことの方が大事。自殺、失業などのコロナ関連死、問題が増えている。これからは、無能無策の「人災」の域に入る。

今日はオフロのない日。色んな事を片付けよう。

日記

「神戸測候所」晴れ。お陽さまがまぶしい。昨日は、色んなものの整理をして、さあシゴト、と言う時に電話。大学で毎年、集中講義をしてるんだけど、全講義がオンラインに変更。ワッ、と言う感じ。基本、学生さんの顔と反応を見ながらの臨機応変型。もう、かなり長い。zoomを使っての会議、講演には慣れたけれど、講義は初めて。どうなるんだろうね。二週間余りで、準備しなきゃ。2月の4日間。
昔、慶応大学で三時間余りの「特別講義」をした。「僕が原発を捨てられないわけ」。それをまとめたのが、『世界に嗤われる日本の原発戦略』(PHP新書)。タイトルは編集さん。これ、すごくいい本だと思う。原発の抱える問題に、解決の筋道をつけてる。「日本の新しい教育」。新書を一冊書くか。講義の内容は、日本文学なんだけど。今までは、「表現の多様性」を話してきた。つもり。何とかしよう。そんなことを考えてたら、一日が終わった。
「新型コロナ 感染者最多3万2197人」重症第5波の10分の1。その横に、「生活保護受給者就業率が悪化」コロナ禍支援事業難航。オミクロン 経路「家庭内」が半数。10歳未満の感染者の急増。9割が無症状や軽症。「まん延防止等重点措置」の適用。飲食店イジメは続く。そろそろ、方向転換すべきなのにね。
質問。「アルコール消毒」について。お酒を口に含んで、クチュクチュすると、どの程度、「殺ウイルス効果」があるのか。濃度が薄いのは分かるけど。量で補うとか。
今日は、打ち合わせと、東京とのオンライン会議。そろそろ、平常に戻らなきゃ、首が回らなくなる。本、あまり売れてないし。