いま、コロナであまり注目されていませんが、ロヒンギャの問題、シリアの問題もそうですし、もし万が一北朝鮮が崩壊したとしたら、難民の問題はすぐに我々に解決を迫る喫緊の大問題となります。

 それのために我々はシミュレーションし、ありうべき未来に対して想像し、またあるべき未来に対して備えておかなければいけないと思います。

 これまで、高嶋さんは、津波、地震、富士山噴火、沖縄問題、感染症などまだ起きていなかった大災害の可能性に関して、科学者としての正確な知識と論理、膨大な取材力に基づいて予測を行い、それを作家としての構想力によって物語化して、まるで我々がそこで生きているかのような生きとした近未来として見せて、ありうべき未来を想像し、あるべき未来を作っていくための方法を提供してくれています。

 本プロジェクトは、難民問題という近未来に我々を襲い、世界中に大きな混乱を引き起こす可能性のある問題を魅力ある物語として提示し、問題の理解を促し、解決のための大きな助けになるものとなります。

 このプロジェクトへの皆様方のご協力をお願いいたします。

——国立国語研究所所長・田窪行則さま


 

 現在全力で仕事として取り組んでいる本です。2010年に「首都感染」を発表し今回のコロナ禍の予言をしたと今話題の作家、高嶋哲夫先生の新作「The Wall」を10月に翻訳出版します。

 トランプ大統領が作ったメキシコ国境の壁で中米コルトバ難民と米国国境警備軍との間で大悲劇が起こります。その主犯とされ追放された主人公が現代最高の頭脳を結集したチームとともにコルトバ解放に立ち向かいます。

 テンポの良いアクションのみならず3組の父娘関係の心理描写も面白くハリウッド映画化されてもおかしくない作品、オリジナル版は「紅い砂」というタイトルで先月幻冬舎文庫から発売されました。是非読んでみてください!

——ムセイオン社長・千葉明さま


近刊



福原加壽子さん『骨の記憶』発売

2020年11月30日、言視舎より福原加壽子さんの『骨の記憶 七三一殺人事件』が発売されます。帯を担当させてもらいました。

(画像クリックでAmazonの該当ページが開きます)

 

<あらすじ>

「この秘密は墓場までもっていけ」――そんな無法がゆるされるのか?

どんな大義があろうと戦争は徹頭徹尾おぞましい。それを直視し、忘却してはならない。

フィクションを通じて、戦争犯罪の社会的隠ぺいの構造を問う意欲作。

[ものがたり]戦争孤児から苦学の末フリーのジャーナリストとなった紘一は、戦後の暗部からやがて「七三一部隊」の闇に引き寄せられていく。真実を追求する過程で逢着した行方不明だった姉の消息。物語は終戦間近の旧満州にさかのぼる。部隊の撤収時に何が起こったのか? そして隅田川の遺体はだれなのか?……

 


NHKラジオに出演

2020年11月20日、NHKラジオ「武内陶子のごごカフェ」に出演しました。
---

 

「2時台スペシャル/小説に学ぶ危機管理」

この時間は、曜日ごとのテーマ企画「カフェトーク」です。金曜は「スペシャル」テーマの垣根を越えた1本勝負。今週の企画はこれ!

今回のテーマは「小説に学ぶ危機管理」作家の高嶋哲夫さんが、ごごカフェを訪れます。高嶋さんと言えば、今年の春、現実が小説をなぞってしまったと注目された「首都感染」の他「東京大洪水」など、自然災害への備えを訴える作品を手がけたことで知られていますが、そのきっかけは、ご本人が阪神淡路大震災を経験したことにあったそうです。危機に際して命を守るヒントが小説にしてきた高嶋さんに今、必要な危機管理を学びます。

https://www4.nhk.or.jp/gogocafe/
---

またこの時の模様は、下記よりお読みいただけます。

 

NHKラジオ「読むらじる。」

https://www.nhk.or.jp/.../detail/gogocafe20201120.html

続きを読む